アイスブレイクのネタ帳【アイスブレイク.info】
研修・セミナー・ワークショップ・会議・体験学習などあらゆる場面で使えるアイスブレイクやゲームのネタ情報をお届けしています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会議・ミーティング・研修に使えるアイスブレイク手法とゲーム方法のネタ帳 【アイスブレイク.info】  
握手当て
【状況】  コミュニケーション研修 など

【目的】  五感(触覚)にフォーカスしたコミュニケーション

【人数】  10人~

【時間】  15~20分

【道具】  なし

【場所】  メンバーが整列できるスペース

【内容】  ①メンバー全員で2列に並び、向かい合う
       (向かいの人がこのワークのペアです)
      ②列ごとにで先(A)と後(B)を決める
      ③Aの列のメンバーはそれぞれのペアの手を握り
       しっかりと覚えてください
      ④Aのメンバーは全員完全に目を閉じ、
       手を前に差し出して待ちます
      ⑤BのメンバーはバラバラにいろんなAのメンバーに
       握手をしに行きます
      ⑥Aは、握手しに来たBのメンバーが自分のペアか
       どうかを当てます
       (「そうです」「違います」などと発声する)
      ⑦Aが自分のペアだと指定したら、Bは合っているか
       間違っているかを伝えず、そのまま待機してください
      ⑧全員の動きが収まったら、Aは一斉に目を開けます
      ⑨役割を交代してもう一度行います
      ⑩どんなところで相手を判断したか全員でシェアします
     

【コツ】  ●進行役が指示するまで目を開けないように言います
      ●誰かがペアを間違っている場合は、最後まで相手が
       決まらない時があります。進行役の判断で時間を
       切ってください
      ●振り返りの時間を必ず持ち、どんなところで相手を
       判断したかを全員でシェアします。
      
【応用】  ●手だけでなく、ひじくらいまでを触れるように
       しても良いでしょう

【指導】  日頃あまり、意識をしていない触感覚について、
      実は私たちは非常に繊細なセンサーを持っている
      ことに気づきます。相手の手の感覚から伝わってくる
      情報にも実は多く種類があります。
      皮膚の繊細さ。ゴツゴツ感。温度。大きさ。握る強さ。
      指の長さ。汗の量。他にもあるかもしれません。
      私たちが意識する、しないに関わらず、常に相手に
      影響を与え、そして受け取る側は多くの情報を受け
      取っていることを体験します。
      
【効果】  ●触感覚をよびさます
      ●メンバーについて違う角度で知ることができる
会議・ミーティング・研修に使えるアイスブレイク手法とゲーム方法のネタ帳 【アイスブレイク.info】  
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 アイスブレイク.info all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。